体裁を考えずに治療する

悩む女性

ためらわずに相談する

専門クリニックを利用する時のルールとして、とにかく新入社員であろうと状態を素直に医師に対して告白することが重要です。様々なうつに関する専門クリニックが点在していますが、企業の古い慣習と偏見などで、どうしても新入社員なので事情を告白するのをためらってしまう人も少なくありません。しかし体裁を意識しすぎると事実が見えなくなってしまうので、専門クリニックへ受診する際には医師に事情をためらわずに伝えましょう。不眠症や神経症そして更年期障害など、様々な病をうつによって引き起こしてしまいます。仕事によって生じる身近な病として社会では認知されているので、新入社員であろうと発症する確率はゼロではないので決して隠す必要はありません。一般的に心療内科や精神科へ治療を申し込んでいる人も増えていますが、専門クリニックの医師は患者と常に対等の立場で症状を把握して、治療について考えていきます。病気の回復や治癒を医師は患者とともに目指していくので、協力しながら改善に向かって治療を進めていくようにしましょう。また専門クリニックではマナーとして、待合室などで大声を出さないようにしましょう。どうしても精神面で不安定になると仕事などが頭から残らず、時には耐えられなくなって大声を出してしまうケースもあります。ストレスなどで正常な状態を保てなくなってしまうこともあるので、我慢せずに辛い時には医師や看護師などに相談をするようにしましょう。通院を重ねて徐々に精神状態を改善するようにアドバイスも行っているので、最低限のマナーを守れる精神状態を保つよう心がけることも必要です。うつ病は日常生活のプレッシャーやストレスなどで生じてしまい、時には睡眠障害などで心身ともに蝕まれてしまうことがあります。特にこれから社会に出る新入社員がうつ状態になってしまった時には、ストレスを抱えていないかチェックすることが重要です。そしてストレスになる原因を除去して、精神状態を保つことが重要です。カウンセリングを行う体制を整えている企業も増えていますが、対応する時には面談が必要です。そこでストレスによって新入社員がうつ状態となる、3つのポイントをクリアしなければなりません。まずストレスの原因となる要因を新入社員から除去することが重要で、周囲の人間関係や仕事内容が影響しているか把握します。この時職場環境や人間関係ならば、新入社員であろうと配置転換などを検討しなければなりません。しかしすぐに対応することができないと考えた時には、カウンセリングなどで本人の適応力をアップさせることも考えなければ、新入社員のストレスがより増してしまうこともあります。そこから本人がストレス対策として、どのように原因を受け止め解決しているか現状を把握することも必要です。受け止め方でいろいろなパターンがありますが、これに対して認知行動療法というアプローチ方法もカウンセリングでは取り入れられています。抱える問題や症状へアプローチをかける方法や、症状をピックアップして一緒に解決する方法があります。最後に情緒や行動に対して調査を行いながら、改善する方法があります。不眠などで薬による治療を行うこともありますが、症状によっては働く環境を良くしたり、定期的なカウンセリングを行ったりすることが必要です。

男女

しっかりと治療するために

新入社員がうつ病に罹患した時には、早めに適切な治療を行うことが重要です。適切な治療のためには、うつ病の種類や特徴を確認しましょう。そして、適切な診療科目のある病院・クリニックを選ぶことが大切で、「うつ外来」のあるものを選ぶなどしましょう。

医者と看護師

環境の変化が原因に

環境が変わりさまざまなストレスが心に加わる新入社員は、うつ病になりやすい環境にいるといえます。現在では、ビジネス街から通いやすい専門クリニックもたくさんあるので、うつ病を疑うのならドクターの元に訪れて治療を受けましょう。

女性

きちんと治療を受けよう

新入社員の方がうつ病に悩んでいるのなら、まずは産業医に相談することを考えましょう。その後、本格的な治療を始めるのなら、自立支援医療というシステムを活用すれば、うつ病に関する診察代や薬代を1割負担まで減らせます。

Copyright© 2019 新入社員はうつになりやすい?発症する確率はゼロではない All Rights Reserved.