きちんと治療を受けよう

女性

専門家の治療が大切

新入社員になったことにより、うつ病を発症したと考えるなら、すぐにクリニックを訪れて治療を開始しましょう。早ければ早いほど、治るのも早いので、必要になる治療費を減らすことができます。なお、総合的な費用がいくらになるかは分かりませんが、初診の場合は5000円以下に治まるケースが多いです。10000円以上になることは、まずないので、それほど多くのお金を持たずにクリニックを訪れても大丈夫です。ただし、新入社員の場合は、まだまだ十分な給料をもらっておらず、治療費を捻出するのが難しいケースもあるでしょう。もちろん、会社の保険を使えば3割負担まで減らせますが、定期的に通院して治療費と薬代を払うのは、キツイという方も多いはずです。もしも、安価でうつ病の治療を受けたいなら、国が提供してくれるシステムの自立支援医療を使わせてもらいましょう。このシステムは国に申請をするだけでは、支払うべきお金を1割負担まで下げてもらうことができます。1割負担でよいのならば新入社員の方でも、生活を圧迫せずに、しっかりとした治療を受けられるでしょう。ちなみに、自立支援医療はメリットだけではなく、とても小さなデメリットが存在しています。それは、治療のために通うクリニックと薬を受け取る薬局が、固定されてしまうことです。そのため、自立支援医療を使いたいのなら、通い続けたいと考えられるクリニックを見つけてからにするのが得策でしょう。薬局のほうはクリニックの側にあるところを利用するでしょうから、それほど大きな問題にはならないです。新入社員の場合は、『覚えること』と『やるべきこと』がとても多いので、うつ病の治療に時間を取られたくないと考えるかもしれません。そのため、クリニックで治療を受けていても、よくなったと感じたら、クリニックに通うのを中止してしまう方もいるでしょう。しかし、うつ病はよくなったり悪くなったりを繰り返す病気なので、素人の考えで勝手に治療を終わらせてはいけません。うつ病が重くなってしまうと、休職や辞職を考えなければいけない可能性がでてくるため、自己判断はとても危険です。ドクターに治療が終了したと伝えられたときのみがゴールなので、それがない限り、きちんとクリニックに通い続けるようにしましょう。ドクターが組み立ててくれた治療計画に、きちんと従っていけば、もっとも最短のルートでうつ病の緩和を目指せます。なお、いきなり精神科や心療内科に訪れて、治療を始めるのが不安に感じるのなら、まずは会社で産業医が利用できないか調べてみることをおすすめします。会社が雇っている産業医がいれば、新入社員だとしても問題なく相談ができるので、心の内を話してみるとよいです。面談の結果、専門的な治療が必要と判断されたなら、産業医の方が精神科や心療内科をすすめてくれるので、それに従いましょう。ちなみに、産業医に相談したとしても、これから仕事を続ける上で不利になるような情報が会社側に渡ることはありません。個人情報はしっかりと守ってくれるので、心がつらい状況にあるのなら、悩みをすべて話して今後を一緒に考えてもらいましょう。

Copyright© 2019 新入社員はうつになりやすい?発症する確率はゼロではない All Rights Reserved.